本文へスキップ

身近な街の法律家、東京都行政書士会大田支部へようこそ。

電話でのお問い合わせはTEL.03-3734-0491

〒144-0056 東京都大田区西六郷4-30-7-1C

支部活動報告Activity Report

>> 過年度の活動報告

平成28年度 東京都行政書士会大田支部定時総会

平成28年4月19日(火)午後5:00より、プラザ・アペア「リモナの間」において、
東京都行政書士会大田支部平成28年度定時総会を開催しました。

平成28年度 第1回大田支部研修会 開催報告

平成28年度第1回大田支部研修会は、平成28年6月29日(水)午後2時30分より大田区消費者生活センター第5集会室にて『納税証明書オンライン請求の概要について』をテーマに、蒲田税務署のご協力の下で行われました。
講師をご担当いただいた蒲田税務署管理運営部門上席国税徴収官大島正貴様は、「e-Tax」の普及に従事されている国税オンライン・サービスのスペシャリストであり、納税システムに関する幅広い知識を有していらっしゃいました。

今回の研修は、(1)所得税確定申告書の作成から納税証明書請求までの流れについて、(2)納税証明書のオンライン請求手順について、(3)マイナンバー(社会保障・税番号制度)導入に伴う納税証明書請求時の留意事項について、の3点から構成されていました。

いずれも税務に関連するものであり、私たち行政書士が依頼される業務とは直接的には関わらないものですが、参加者の関心は高かったようで、会場となった大田区消費者生活センター第5集会室(通常の研修会場よりやや広め)は多くの会員で一杯になりました。

参加者には、事前にPCまたはスマートフォンを持参することでe-Taxの利用に必要な手続きがその場で実践できる旨の案内があり、実際に研修当日は、プロジェクターを用いて、大島様自らオンライン上での操作手順を大型スクリーン上に示しながら手続きの流れをご案内いただきました。

決算書作成についての説明では、単にオンライン操作の説明ということだけではなく、青色申告そのものについても丁寧にご説明いただきました。参加者の中には行政書士登録後、間もないため、まだ個人事業の決算申告に不慣れな方も何人かおられ、熱心にメモを取る様子が見られました。

納税証明書取得については、導入されたばかりのマイナンバー制度を踏まえつつ「窓口」「郵送」「電子ファイル」といった受け取り方法ごとに、取り扱いの違いが示され、特に代理人が取得する場合の取り扱いについては、かなり踏み込んだところまで、ご説明がありました。

講義終了後の質疑応答においては、利用者側の対応機種など含めて細かい質問もありましたが、全て丁寧にご回答いただきました。参加者全員、オンライン納税、納税証明書取得の基礎知識を身に着け、事業者としての業務の効率化、また、顧客へのアドバイスに役立てることができるのではないかと思います。

平成28年度 四支部合同研修会 開催報告

平成28年8月5日(金)午後6時15分より、大井町のきゅりあんイベントホールにおいて、恒例の大田・品川・目黒・港の四支部合同研修会が開催されました。四支部と他支部を合わせて、107名の方が出席され、本年度の幹事は、大田支部が務めました。

今回は、大田区保健所生活衛生課(民泊の申請窓口)、環境衛生担当係長の伊藤弘之様を講師にお迎えし、「国家戦略特別区域外国人滞在施設事業(特区民泊)」についてのお話をして頂きました。
実際に特区民泊の認定申請の審査をなさっている、大田区のご担当係長様の直接のお話とあって、認定されるためにはどのような点に注意する必要があるのかなど、大変、具体的なお話を伺う事ができました。
近隣住民への周知の方法、緊急事態が発生した場合の外国語を用いての24時間対応の必要性、消防法令に適合しているかの確認など、特区民泊を申請するために満たさなくてはならない審査・指導基準がどのようなものであるか、また、民泊を行う物件が賃貸物件である場合の注意点や、集合住宅の場合の物理的な要件の難しさなども理解しやすく説明して頂きました。
特区民泊の申請の事務手続きについても大田区への事前相談に加えて、所轄の消防署への事前相談が必須であることなど、手続きの手順についても詳細な話をお聞きする事が出来て、行政書士にとっては実務と直結する内容で、大変興味深いものでした。

今回の研修内容の「特区民泊」は、大田区が日本で初めて、特区民泊に関する条例を制定した区であることもあり、注目度も高く、大変多くの参加者がありました。
残念ながら、来年からは港支部が独立して、四支部合同での研修会は今回が最後という発表が有りましたが、研修後の懇親会には、68名の方が参加され、楽しく有意義に親交を深める事が出来ました。

平成28年度 大田支部新入会員懇談会 開催報告

平成28年度大田支部新入会員懇談会が9月1日(木)午後5時40分より、大田区消費者生活センター第6集会室において新入会員17名を含む31名が参加し下記内容で開催された。

Ⅰ:川邉支部長:挨拶と行政書士としての心構えについて
  報酬の決め方の注意、法改正はビジネスチャンスの時である、先輩との横のつながりを持とう。

Ⅱ:
(1)湯原先生:入管申請業務について
  他士業とのつながりが大切、入管法をよく学習し、入管に相談することも大切である。
(2)坂本先生:風俗許可
  この分野は特にクライアントの見極めが大切である。他士業、不動産業者からの紹介が多い。風俗法の改正があったこと。質問があったら気軽に相談に来てほしい
(3)堀江先生:建設業許可
  都道府県の手引書、国交省の手引書の重要性の説明。更新時の注意、毎年の決算書の提出。決算書を読めるようにしなければならない。  
(4)大松先生:成年後見
  法定後見、任意後見について。報酬について。
  行政書士は申し立の、添付書の作成ができるが申し立てはできない。
(5)佐藤先生:相続
  相続人の確定が重要である。職務上請求書に関して。行政書士が出来ることは遺産分割協議書の作成である。
  この分野は特に他士業との連携が重要である。
(6)西坂先生:支部とのかかわり方、支部活動案内
  支部の催しに積極的に参加し、先輩の先生とのパイプ作りに心がけよう。

その後、3名との質疑応答があり、川邉支部長の終わりの挨拶の後、新入会員懇談会は午後7時30分に終了した。
また、終了後、懇親会が行われ26名が参加し、盛況に終了した。

平成28年度 第1回法教育授業 実施報告

平成28年9月14日10時45分から大田区立蒲田小学校において、大田支部会員11名が参加して法教育授業を実施致しました。

「子供だから関係ない!?〜身近な生活と関わりのある「法律」と「契約」の話〜」をテーマにして、小学校5年生を対象に、大田支部の滑川知也先生・青葉隆先生に講師を務めて頂き、前半は「法律」と「契約」について児童のみなさんに判りやすく説明をしていただきました。

まず、漫画本の購入や友人とのものの貸し借りを事例にして、それが売買契約や使用貸借契約という「契約」である事を児童に理解してもらい、次に「小学生が購入した500円のお弁当は返品出来るのか?」といった、児童の生活にも密着した事例を取り上げて、お小遣いの範囲で買い物をした場合の契約についての話をして頂きました。具体的な内容だったので、児童も自分の実経験と照らし合わせて考える事ができているようでした。

後半ではさらに「契約」について深く考え、意見を出し合ってもらうために、児童たちにも起こりうる3つの問題をグループディスカッションしてもらいました。
(1)親に内緒で10万円のパソコンを購入した場合、返品は出来るのか。
(2)オンラインゲームで年齢を偽って5万円を課金された場合は、支払いをしなくてはならないのか。
(3)親の同意書を勝手に記入してスマートフォンの契約をした場合は、取り消すことができるのか。
小学校5年生の児童なら現実にもあり得るような身近な問題でもあり、社会問題となることも多いオンラインゲームやスマートフォンを取り上げる事には、小学校の先生方の関心も高く、児童たちもディスカッションするための話題には事欠かない様子でした。時間が不足してしまうほど真剣で白熱した討論を重ね、児童たちからグループとしての意見を発表してもらいました。
中には、参考資料として配布してあったルビ付きの民法の条文を根拠として上げ、解答してくれるグループ発表もあって、我々としても頼もしく思うと同時に驚かされました。
授業時間内の短い時間でしたが、児童に楽しく熱心に話し合ってもらうことで、法律がいかに自分達の身近な所でも使われ、自分達の生活にも密着しているものと知ってもらえた授業だったのではないかと思います。

また、今回は蒲田小学校のご厚意で児童と一緒に給食を頂くという機会をいただき、授業の後、児童のみなさんと親睦を図ることが出来ました。これも地域の小学生のための法教育活動を繰り返すうちに学校の先生方からも信頼と好感をもって頂くことが出来るようになってきた表れではないかと考えます。
児童のみなさんと直接話しをさせもらうことにより「行政書士」という仕事に少しだけ興味を持ってもらえたのではないか、とも感じました。

今後も大田支部では、地域の学校への法教育活動を継続していきたいと考えております。

第11回東京都行政書士会ソフトボール大会 参加報告

平成28年9月19日(月・敬老の日)、明治神宮外苑軟式球場にて、今年もあいにくの雨の中、第11回ソフトボール大会が開催されました。
全24チーム、応援者を合わせて約500名の参加者が集まりました。
今年は開催時期をずらしたため、全6球場の内の4球場が使用でき、再び1日のみのトーナメント戦で行われることになりました。

開会式では、前回優勝の渋谷タイガースの選手宣誓と、毎年恒例の常住豊会長と中西豊名誉会長による始球式が行われました。

今年の大田WINGSはスターティングメンバーが9名しか集まらず、1名足りなかったため、急遽応援者の田村日出子会員にメンバーに入っていただきました。
これにより大会特別ルールの女性アドバンテージで、毎試合2点が追加されることになりました。

1回戦の相手は優勝経験のある品川ブラックヘッズです。
メンバーが全員おそろいのユニホームでとても強そうに見えますし、実力も相当なものです。

監督同士のじゃんけんの結果、後攻になりました。
1回表に2点を取られましたが、その裏の攻撃で打線がつながり5点を取り返しました。
2回表に1点を取られましたが、2回裏はこちらの打線が爆発し、5点を追加しました。
3回表はエース山川文明会員が三振を奪う好投で0点に抑えました。
大会規定の試合時間30分が経過したため、裏の攻撃をすることなく、10対3で勝利しました。
勝利の記念にスコアボードを背にしてメンバー全員で記念撮影をしました。

2回戦はシードの江東パイレーツとの対戦です。
今まで何回も一緒に練習しているので、強敵だということはわかっていました。
こちらも点数を入れましたが、相手のクリーンナップを中心とする強力打線に打たれて、健闘むなしく6対7で惜敗しました。

今年は2回戦で負けてしまいましたが、来年は今回参加できなかったゴールデンルーキー数名を入れてベストメンバーを組み、優勝できるチームにしたいと思います。

大田WINGSでは、ソフトボール部員を随時募集しています。
ソフトボールを通じて会員同士の親睦を深めることができますので、興味のある方はぜひ参加してください。
特に女性のプレーヤーは大歓迎です。よろしくお願いします。

懇親企画 キリンビール横浜工場見学 実施報告

平成28年11月3日(木祝)に、大田支部の懇親企画として、横浜市鶴見区生麦にある「キリンビール横浜工場」の見学ツアーに参加しました。
当日は18名の大田支部の会員が工場見学ツアーに参加しました。

ガイドの方の丁寧かつはっきりとした案内のもと、最新の映像を観たり、実際の工場の設備を俯瞰したりしながら、「キリン一番搾り」ができるまでを体感することができました。
やはり実際にビールを製造している工場の現場に行き、中で体感してみることで、キリンビールの「こだわりの製法」と「うまさの秘密」を知ることができ、キリンビールの魅力を存分に味わうことができました。

工場内を一通り見学した後は、お待ちかねの「試飲」の時間です。この試飲の時間は、時間制限はあるものの、3杯まで無料で試飲することができます。大田支部の面々は、「待ってました!」と言わんばかり全員がビールを選択し、「キリン一番搾り」などのビールを思う存分堪能していました。後ほど行われる懇親会のことはすっかり忘れて、のどごし抜群のビールを約30分間味わうことができました。

工場見学終了後は、工場の敷地内に併設されている「スプリングバレーブルワリー」というレストランに移動し、16名の大田支部の会員の参加のもと、懇親会を開催しました。懇親会でも、美味しい料理とともに様々な種類のビールを存分に堪能することができました。美味しいビールを存分に堪能できたせいか、会員同士の会話も普段以上に大いに弾み、さらなる横のつながりが構築できたのではないかと思います。

平成29年新年賀詞交歓会 開催報告

平成29年1月18日(水)午後6時30分より、西蒲田のプラザ・アペア「ヴェレナ」の間におきまして、「大田支部新年賀詞交歓会」が開催されました。
なお、当日は、松原忠義大田区長は他の公務との関係により代理の方の出席となりました。

湯原玲奈先生及び和久田貴之先生の司会で始まりました会は、川邉支部長からの挨拶の後、松原忠義区長の代理で出席されました須藤常好様、衆議院議員石原宏高様、大田区議会議長大森昭彦様、東京会の常住豊会長の代理で出席されました柴野和夫副会長からご挨拶を頂き、戸嶋保治先生の音頭により乾杯をした後、しばし酒肴を楽しみながら歓談に移りました。
その後、戸嶋保治先生が長寿者(米寿)として披露され、ご来賓としてお越し頂きました大田区に関連する国会議員、都議会議員及び区議会議員の先生方からご挨拶を頂きました。
最後に、出席している今年度の大田支部新入会員を紹介し、各々からの挨拶の後、堀江寛寿先生による中締めと司会者和久田貴之先生による閉会の辞をもって、有意義でありました新年賀詞交歓会も散会となりました。

なお、新年賀詞交歓会の出席者の内訳は、大田支部会員34名、ご来賓は松原忠義区長代理の須藤常好様、東京会常住豊会長代理柴野和夫副会長、日本政策金融公庫大森支店杉村孝一様、民進党森愛様に加え、議員の先生方29名の合計67名でした。

  ご来賓の議員の方々(敬称略・順不同)
   衆議院議員:平 将明・石原宏高・松原 仁
   都議会議員:鈴木晶雅・神林 茂・鈴木章浩・藤井 一・遠藤 守
   区議会議員:田中一吉・松原秀典・高瀬三徳・大森昭彦・松原茂登樹
         深川幹祐・渡司 幸・松本洋之・岡元由美・勝亦 聡
         広川恵美子・玉川英俊・田村英樹・大橋武司・小峰由枝
         椿 慎一・田島和雄・末安広明・山崎勝広・岡 高志
         松原 元

大田支部・品川支部暴力団等排除対策委員会合同研修会 開催報告

平成29年2月16日(木)品川区立総合区民会館『きゅりあん』5階「第2講習室」にて、大田支部・品川支部暴力団等排除対策委員会合同研修会が開催されました。
大田区管内の4警察署(蒲田、大森、池上、田園調布)より9名、品川区管内の4警察署(品川、大井、荏原、大崎)より8名のご参加をいただき、東京都行政書士会 常住豊会長、東京都行政書士会暴力団等排除対策委員会 梶原義弘副委員長、大田・品川両支部会員39名を含め、計58名の研修会となりました。

まず、大田支部川邉佳夫支部長の挨拶に続き、常住会長より暴力団等排除対策研修会の必要性など、梶原副委員長からは各会員への本会暴排講習への参加呼びかけをお願いしたいとのお話がありました。
荏原警察署から刑事組織犯罪対策課課長代理富田宏様と同じく暴力団対策係係長吉田浩一様、田園調布警察署からは刑事組織犯罪対策課課長代理平尾治彦様より、それぞれ最近の暴力団の情勢、暴力団排除等の状況について、お話しいただきました。
また、昨今、摘発が増加傾向にある外国人の偽装結婚問題や暴力団等に介入された場合の具体的な対処方法など、大変ためになるお話もいただきました。
その後、警視庁が企画制作した暴力団等排除啓発DVDを鑑賞し、契約等に際し「表明確約書」「暴排条項」の重要性を再認識しました。
最後に、武田敬子代表委員による暴力団排除宣言を行い、品川支部金子琢哉支部長の謝辞により閉会しました。

研修終了後の懇親会場には、多数の方にご参加いただきました。
立食形式だったため、来賓の皆様や会員同士の意見交流などスムーズに行え、大変充実した研修会となりました。


東京都行政書士会大田支部

〒144-0056
東京都大田区西六郷4-30-7-1C
TEL 03-3734-0491
FAX 03-5703-4951