本文へスキップ

身近な街の法律家、東京都行政書士会大田支部へようこそ。

電話でのお問い合わせはTEL.03-3734-0491

〒144-0056 東京都大田区西六郷4-30-7-1C

支部活動報告Activity Report

>> 過年度の活動報告

平成30年度 東京都行政書士会大田支部定時総会

平成30年4月19日(木)午後5:00より、プラザ・アペア「リモナの間」において、
東京都行政書士会大田支部平成30年度定時総会を開催しました。

平成30年度 新入会員懇談会 開催報告

大田支部新入会員懇談会が7月25日(水)午後5時35分より、大田区消費者生活センター第4集会室において新入会員12名を含む23名が参加し、下記内容で開催された。

Ⅰ:川邉支部長:新入会員への挨拶と東京都行政書士会及び東京行政書士政治連盟の組織について
  ・支部長自身の30年間の行政書士業務の思い出。
  ・支部が活動の中心になり、先輩との横のつながりを持とう。
  ・本会の組織説明、会館の持ち分取得の動きについて。
Ⅱ:行政書士業務について(業務内容と注意点)
(1)湯原玲奈先生:在留手続
  ・法務大臣の裁量権が大きく、普段から政治動向に注意する。
  ・3つの注意点:①特に新入会委員には怪しい依頼がありがちである。
          ②安易な値下げをしない。
          ③失敗を認め、そのリカバリーに努める。
(2)堀江寛寿先生:建設業務
  ・都道府県の手引書、国交省の手引書の重要性の説明。
  ・要件証明資料提出の困難さについて、特に役所は具体的指示はしない。
  ・決算書を読めるようにしなければならない。  
(3)坂本弘先生:風俗営業業務
  ・本会作成の手引きを入手しよう。
  ・風営法の目的説明。
  ・要件は、人・場所・店の構造の3点であるが、最重要は「場所」である。
  ・店舗拡大のクライアントもあり良い仕事をすればリピートは大きい。また安易な値下げをしない。
(4)佐藤祐一先生:相続業務
  ・相続業務の流れ。
  ・相続税に関する知識を持とう。
  ・業際問題には注意が必要。
  ・遺言書の説明。
(5)大松香織先生:成年後見業務
  ・今後、この業務のニーズは大きくなるだろう。
  ・法定後見、任意後見について。報酬について。家族の相続等の業務の依頼が入ることもある。
  ・行政書士は申し立ての添付書類の作成はできるが、申し立て手続きはできない。
(6)菖蒲悠太先生:法人設立業務
  ・法人(特に株式会社、合同会社、一般社団法人)設立業務の流れとその注意点。
  ・会社法の知識を持とう。
  ・定款の事業目的作成を工夫しよう。特に許認可が必要な事業の記載に注意。
  ・電子定款に対応しよう。
(7)滑川知也先生:各種申請の添付資料の収集方法
  ・公的証明書の種類、その請求先と取得方法。
  ・1枚の委任状で複数の証明書の請求が可能だが、住民票、戸籍の際は注意が必要。
  ・職務上請求書の注意点。
  
Ⅲ:質疑応答
行政書士業務について7名の先生の説明のあと、本日の説明や普段疑問に思っていることなどを含め質疑応答がなされた。

その後、川邉支部長の終わりの挨拶があり、新入会員懇談会は午後7時30分に終了した。

また、懇談会終了後、第3部として懇親会が行われ20名(内、新入会員10名)が参加し、更に活発な会話のなか有意義に終了した。

平成30年度 三支部合同研修会 開催報告

平成30年8月2日(木)午後18時30分より、大井町きゅりあんにて、大田・目黒・品川三支部合同研修会が開催されました。
今回は、目黒支部が幹事支部となり、府中支部の磯川慶子先生を講師にお迎えし、『離婚業務の基礎知識(入門編)』についてお話していただきました。
他支部の先生も含め80名を超える先生方が参加され、離婚業務に対する関心の高さがうかがえました。

離婚の種類の解説から始まり、離婚協議書の書き方、公正証書の作り方について、例を挙げながら、基礎的な内容を初心者にも分かりやすいよう説明していただきました。
また、弁護士や司法書士との業際問題についての解説もあり、行政書士としてどこまで関わっていけるのか、各自でもしっかりと考えていかなければいけない問題であると感じました。
離婚問題は身近でも発生しうるものであり、昨今、お客様からの相談も増えている業務でもあるので、今回の研修会は今後の相談業務において大変役に立つ内容でした。

研修会の後には、大井町アトレ内のイタリアンにて懇親会を行い、他支部の先生方との交流を深めることができました。

東京都行政書士会大田支部

〒144-0056
東京都大田区西六郷4-30-7-1C
TEL 03-3734-0491
FAX 03-5703-4951